イメージ画像:「Thinkstock」より
TOCANA

 ある日、突然ブタが空から降ってくるというシュールな設定の児童文学作品『はれときどきぶた』。幼少期に愛読した読者も多いことだろう。しかし、常識では考えられないようなものが空から降ってくる現象は「ファフロツキーズ」と呼ばれ、現実世界でも発生している。すでにミミズ、うんこ、お金、魚などが各地に降り注いでいるのだ。

 そして今度はアルゼンチンの海岸で、なんと空からカブトムシのような甲虫が大量に降り注いだと思しき事件が発生、世界の注目を集めている。詳細についてお伝えしよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9080.html】


■一夜にして海岸を埋め尽くした数百万匹のカブトムシ

 驚くべき現象は、今月1日に突如として発生した。現地のテレビ局「cuatro」をはじめとする複数のメディが報じたところによると、同国大西洋岸に位置するブエノスアイレス州マル・デ・アホ市とサン・ベルナルド市のビーチが、一夜にして数百万匹のカブトムシと思しき甲虫で埋め尽くされ、真っ黒に染まってしまったという。

 美しい海を求めて大勢の観光客がやって来る両ビーチだが、このホラー映画のような光景を目の当たりにした人々は、一様に空いた口が塞がらなかったようだ。特に昆虫が苦手な人は、絶叫しながら逃げていったという。目撃者らの証言から、甲虫は空から降ってきたものと考えられている。

 前代未聞の事態は、多くの人のスマートフォンに収められ、SNSなどを通して瞬く間に拡散。原因をめぐるアツい議論が始まった。「大地震の前触れではないか」「世界の終わりが近いことを告げる神からのメッセージに違いない」という恐怖に怯えた声のほか、「山で羽化したカブトムシが海へと吹き抜ける風に乗ってやって来たのではないか」という意見、さらに専門家からは今回の甲虫がカブトムシではなく、コガネムシ科の「Heteronychus Arator」(通称:ブラック・ビートル)ではないかとの指摘も寄せられているようだ。


■地球外知的生命体の実験に使われた!?

 ところが、この現象にとりわけ興奮しているのが世界各国のUFO研究家たちである。一部で、カブトムシは「UFOが落としていったものである」との見解が提示されたのだ。

 お馴染みのスコット・ウェアリング氏は、空から信じられないものが降り注ぐ事態が各地で発生していることを指摘しつつ、「カブトムシは地球外知的生命体の調査・実験に使われた後、不要になったために投棄された可能性がある」とし、「今後(降り注いだカブトムシの中から)奇妙な種が誕生するかもしれない」とまで言及している。

 実際、地球外知的生命体が(特に家畜など)人間以外の動物を実験に用いたと考えられる事件は「キャトル・ミューティレーション」と呼ばれ、過去に南米でも頻発している。彼らの関心が昆虫に移っていたとしても、そう驚くべきことではないのかもしれない。


 いずれにしても、現地では同様のケースが過去に発生しておらず、すべては憶測の域を出ない。地元民の中には、捕まえたカブトムシをネットで販売する者も現れるなど(1kg=約7,300円)、ちょっとしたフィーバーとなっている模様だ。何はともあれ、これが天変地異の前触れなどではなければよいのだが……。


※イメージ画像:「Thinkstock」より

全文を表示