マイナビ学生の窓口

恋愛要素のあるライトノベルによくある展開が、登場女性キャラクターのほとんどが主人公を好きになるというもの。いわゆる「ハーレム展開」です。これでもかというほど美少女たちにモテる主人公ですが、モテていることに気付かないという展開もお約束ですよね(笑)。さて今回は、そんな「ハーレム展開がすごい!」というライトノベル作品をピックアップしてみました。

●『とある魔術の禁書目録』著者:鎌池和馬

超能力開発を行う巨大な学園都市に住む高校生・上条当麻の元に、シスター服の少女が現れます。それがきっかけとなり、当麻は学園都市を巻き込む騒動に身を投じることになる……というストーリー。上条さんは成り行きからさまざまな女の子を救うことになり、その都度助けた女性から好意を抱かれます。真っすぐで正義感にあふれている性格なので、それが女の子の心をぐっとつかむのでしょう。

●『ソードアート・オンライン』著者:川原礫

バーチャル世界に閉じ込められた少年キリトが、「ゲームで死んだら現実でも死ぬ」という過酷な制約の下、脱出の条件であるゲームクリアを目指す物語。キリトはゲームの中でヒロインのアスナと出会い、絆を深めていきますが、それ以外にもさまざまな女性に出会い、その気もなしに恋愛フラグを立てていきます。「ソードアート・オンライン」のクリア後も、アスナ一筋でありながら次々に出会う女性に好かれることに……。

●『IS<インフィニット・ストラトス>』著者:弓弦イズル

間違って「IS学園」の試験会場に入ってしまった織斑一夏。そこで「女性しか動かすことができない」という兵器を動かしてしまいます。それがきっかけで一夏はIS学園に入学することになり……というストーリー。IS学園は一夏の他は女性しかいません。そこで出会う美少女たちはことごとく一夏を好きになります。しかし一夏はいわゆる「鈍感主人公」で女性のアプローチにも気付きません。これがまたイライラしてしまうのです。

●『デート・ア・ライブ』著者:橘公司

精霊という謎の生命体の出現によって未曽有の危機に陥る地球。高校生の五河士道は、「精霊とデートすることで精霊の力を安定化させる力」が自分にあることを知らされ……。士道は地球に出現する美しい見た目の精霊たちとデートをし、彼女たちの心をつかんでいきます。そしていつしかハーレム状態になります。また、精霊だけでなく、クラスメートの美少女まで士道が好きというありさまでした。

●『六畳間の侵略者!?』著者:健速

父の転勤によって高校進学と同時に1人暮らしをすることになった里見孝太郎。月5,000円の格安アパートで新生活を始めますが、入学式の夜に孝太郎の前に幽霊が現れ……。孝太郎の住む106号室は実は重要な場所で、その所有権をめぐって幽霊をはじめ、宇宙人に地底人、また魔法少女までが押し掛けることになります。結局騒動は収まらず、彼女たちは孝太郎と同居することに。その生活の中で女の子全員が孝太郎に好意を抱くことになり、まさにハーレム生活でした。

●『生徒会の一存』著者:葵せきな

人気投票でメンバーが決まる私立高校・碧陽学園の生徒会。主人公の杉崎鍵は、「学年1位」という特別枠で、見事に美少女ぞろいの生徒会入りを果たします。しかしその美少女たちはひと癖もふた癖もあり……。粗筋からも分かるように、生徒会ただ一人の男子生徒である鍵は、他の生徒会メンバー全員から好意を抱かれることになります。お姉さんや元気っ子、おっとり美少女などその個性も多彩。さらには生徒会以外の女性にもフラグを立てるなどやりたい放題です。

●『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』著者:裕時悠示

とある事情で恋愛に前向きになれない高校生・季堂鋭太は、ある日校内一の美少女・夏川真涼から告白をされます。実は真涼も鋭太と同じく恋愛に無関心で、他の男子から告白されないために同族の鋭太を利用しようと考えていて……。主人公の鋭太は恋愛を嫌悪しているにもかかわらず、幼なじみや元カノを自称する中二病、真面目な風紀委員などさまざまなタイプから好意を抱かれることになります。さらには恋愛に無関心だった真涼も……。修羅場というよりハーレムすぎる一作です。

ハーレム展開のすごいライトノベルをピックアップして紹介しました。この中では、『とある魔術の禁書目録』の上条当麻が特にすごいモテっぷり。相手がどんな存在であろうと、女性ならとりこにしてしまいます。ぜひ一読してそのハーレムっぷりを確認してください(笑)。

Photo(C)FreeDigitalPhotos

(中田ボンベ@dcp)

全文を表示