マイナビ学生の窓口

SNSやコミュニティサイトでは、本名を使わずハンドルネームを名乗る人が多いのではないでしょうか。初めて登録したときには、もう一人の自分が誕生したような気分になったものです。しかし、いま思えばかなり恥ずかしい名前も……。そこで今回は、もはや黒歴史と化したハンドルネーム&アカウントを大学生のみなさんに聞いてみました。


■厨二病全開!
・「ダガー記号をつけていた」(女性/21歳/大学3年生)
・「厨二病が使うような漢字」(女性/21歳/大学4年生)
・「ぶらっく★○○」(女性/19歳/大学1年生)
・「貧微無虚という名前を使っていた」(男性/20歳/大学2年生)
・「悪魔の娘」(女性/21歳/大学4年生)
・「漆黒の~、闇の~など」(男性/19歳/大学1年生)
・「闇の堕天使」(男性/24歳/その他)

いわゆる厨二病時代にありがちな名前がずらり。反抗期だからか、闇属性に陥るケースが多いような気がします。

■あこがれの名前?
・「かわいい花の名前」(女性/20歳/大学2年生)
・「昔SNSやチャットで『りぼん』を名乗っていたことがある」(女性/20歳/大学2年生)
・「さくら。源氏名ぽくした」(女性/20歳/大学2年生)
・「イニシャルのA.Iを繋げてaiというハンドルネームを使っていたが、すごく気取った感があって恥ずかしい」(女性/26歳/短大・専門学校生)
・「美華月」(女性/21歳/大学2年生)
・「刹那歌音」(女性/20歳/大学2年生)

女性に多かったのが、字面がかわいらしいハンドルネーム。現実ではキラキラネームといわれてしまう名前でも、ネット上ではあまり違和感がありません。

■好きなものが一目瞭然!
・「オリキャラ(美少女)の名前」(男性/20歳/大学2年生)
・「ゲームのキャラの名前をハルベルトなどのかっこいい名前にしていた」(男性/20歳/短大・専門学校生)
・「関ジャニ∞が好きでアカウント名にeighterと入っていること」(女性/18歳/大学1年生)
・「某有名な魔法学校を舞台として映画に出てくるような名前にしていたこと」(女性/24歳/大学4年生)
・「好きな芸能人と自分の名前を組み合わせたもの」(女性/21歳/大学4年生)

お気に入りのキャラや芸能人の名前をアカウントに取り入れれば、好きなことがすぐにわかります。趣味の友だちを作りたいときには便利かも。

■メッセージを添えて
・「名前@テストまであと◯日。毎朝おきて数字をいちいち変えてた」(女性/22歳/大学4年生)
・「好きな言葉を合わせていた(ありがとう@大好き!)みたいな」(女性/19歳/大学1年生)

名前の後ろに現状報告のようなメッセージをつけている人も見受けられますね。とくにアーティストのファンは、ライブ参戦予定を書いていることが多いような?

■なぜその名前を?
・「昔登録していたサイトで、なんとなく『カツ丼』で名前を登録していた。最近になって覗いてみたら、『カツ丼さん』となっていて、笑ってしまった」(女性/22歳/大学4年生)
・「LINEを使い始めたときに、自分のアカウント名を、Windows98にしていた」(男性/19歳/短大・専門学校生)

由来が気になるハンドルネームですね。とりあえずつけたのかもしれませんが、サービスを利用するたびにこの名前で呼びかけられるとは、自分でも笑ってしまいそう。

ハンドルネームはその場のノリで適当につけてしまいがちですが、月日が経つにつれ恥ずかしく感じることがあります。でも、ネット限定ならまだ大丈夫。オフ会などリアルで会ったときに呼ばれると、本名以外の名前は結構恥ずかしいものです。新たにアカウントを作成する際は、落ち着いて考えることをおすすめします。

文・OFFICE-SANGA 藤井蒼
調査時期:2016年2月
アンケート:マイナビ学生の窓口調べ
集計対象数:社会人401人(インターネットログイン式アンケート)

全文を表示