キャリコネ

日本経団連は3月4日の「官民対話」で、会員企業に対し有給休暇の消化を年3日程度増やすよう呼びかけると表明した。厚労省が昨年10月に発表した2014年の有休消化率は47.6%と半数に満たず、政府目標70%との間には大きなギャップがある。

今回の経団連の表明も観光業の活性化とともに、有休消化率のアップ後押しがねらいと見られるが、ネットにはこれによって「ゴールデンウィーク・夢の10連休」の実現性がさらに高まったと喜ぶ声が見られる。

「全社一斉休業」に踏み切る会社も


2016年のGWは4月29日の「昭和の日」(金・祝)から5月8日の日曜日まで。「憲法記念日」や「みどりの日」「こどもの日」といった祝日がすべて土日に重ならないことから、祝日のロスが生じない理想的な日程となっている。

さらに土日休みを含めると「3連休+3連休+2連休」という構成となり、5月2日(月)と6日(金)に有給休暇を取得すると、10連休にすることができる。全日空は今年に入って「メガ・ゴールデンウィーク」のキャンペーンを張り、早期予約を促している。

政府と経団連が促進しているのだから、この2日間に「有休取得」を申請しても、会社は断りにくいはずだ。ネットには「今年のGW10連休なんだが神か??」「二日間休めば10連休ってなるほど。すげえぇ」など、浮き足立った書き込みが見られる。

有休の申請がうまくいき、「ヤッター!」「連休決定」と喜びの声をあげる人も。

「今年のGWが会社的に10連休でわろた」
「会社公認の10連休ですか。あざます!」

など、すでに全社休業を決めた会社もあるようだ。BtoB(法人向け)など業界によっては、暦通りに出勤してもクライアントが営業しておらず、いっそ休みにした方が従業員に対するインパクトも大きくなると判断したところもあるに違いない。

派遣社員は「いまから残業して収入確保」

もちろん、10連休を喜ぶ人ばかりではない。サービス業に勤める人からは「休みなんてないんだよ」「むしろ10連勤かな」といった溜息も漏れる。ただ、そのことを覚悟して働き、お金を貯めて別の日に休むという人も少なくないのが救いだ。

10連休できる人の中にも、仕事が休みになると外出して消費しがちだが、そんなお金はないとして「今から貯めないと」と不安をつぶやく人もいる。実労働時間で給与が支払われる派遣スタッフからは、「給料が減っちゃう」という嘆きのほか、いまから残業を増やして収入を確保するという人もいた。

あわせてよみたい:千葉市「幸せシフト」で年末年始が9連休に!

 

全文を表示