ニコニコニュース(オリジナル)

teretou.jpg ニコニコ動画で「イナズマイレブン」「侵略!イカ娘」といった最新アニメから「咲-Saki-」「スレイヤーズ」といった人気作まで積極的に配信を行う放送局がある。それがアニメ放送の雄、テレビ東京の「テレビ東京あにてれちゃんねる」だ。

 テレビ局はネットをどのように見ているのか? ニコ動で最新アニメを配信する理由は?
今回はテレビ東京の細谷伸之さん、田口光夫さんにビジネス視点でのお話をうかがってみた。

――はじめニコニコ動画への印象はどうでしたか?
 我々の立場からすると、最初期の動画投稿サイトはすべて権利侵害サイトと見えていました。アニメは放送して、その後DVDなど商品を買っていただいて初めて成り立つものです。このままYoutube等で違法な配信をしているアニメをみることが一般的になったら、誰もアニメを作れなくなってしまうという危機感がありました。

――そんな状況のなか、ネットにアニメを配信できるようになったのは?
 ニコニコ動画等が動画協会、民放連と連携して目視で動画を消すようになったからですね。ただ、権利侵害が完全に無くなったとは言えず、MADの考え方などまだ相当議論の余地があると思っています。

――配信を行う上でネットならではの魅力はありますか?
 編成の自由度は魅力ですね。テレビでは枠が限られているので、番組編成の自由度にも縛りがあります。視聴者のことを考えると、アニメ→バラエティ→アニメという風には放送しにくいし、「面白い番組が出来たから今日は2時間にしたい」と思っても放送時間を延ばせるわけではない。一方、ネットはそういう制約がなく、アニメも全部置いておけます。ただ、ニコ生で討論番組を拝見しているとそうは言っても緊急延長はせいぜい30分だったりするので、必ずしも完全自由ではないんだなと思います。出演者さんなどの絡みももちろんありますからね。

――テレビと、ネットで見るユーザー層の違いは何か意識していますか?
 特にありません。ネットがでてくる前も、テレビゲームや雑誌など余暇の過ごし方はいろいろありました。それが増えただけだとおもっています。ネットがまだ新しいメディアなので使う人を「ネットユーザー」と呼びますが、新聞を読む人を新聞購読者とは言わないし、雑誌を読む人も特別視したりしませんよね。今はほとんどの人がネットを使うので、ネットユーザーは、そのままテレビユーザーであり、雑誌ユーザーだとおもいます。

――多くの作品を配信していますが、実際にアニメを配信してみて、ニコニコユーザーをどういうユーザーだと捉えているでしょう?
 面白いコンテンツを見つける能力がすごく高いな、とおもっています。他社の動画サービスではテレビで人気のものが人気なのですが、ニコニコでは他社と比べて「侵略!イカ娘」のようにおもしろい作品に敏感に反応してくれる。「スレイヤーズ」や「咲」を公開したときもすぐに見てくれて、昔の作品であろうと面白いものは面白いと評価してくれるんだな、と。

――今後テレビとネットとの関係はどうなっていくでしょうか?
 テレビゲーム作品は違法ダウンロードした人を指す「割れ厨」という単語もあって、正規購入していない人を諫める雰囲気がありますよね。そうした状況を見ていると、正直安心します。ゲームの違法ダウンロードをやっている人は違法感があるとおもうのですが、動画共有サイトで違法アップロードされている作品にはあまり罪悪感なく見られてしまう。これはユーザーさんが「悪い!」というわけでなく、そういうものだなとおもっています。
 実際にYoutube等でランキングを見ていると、話題を呼んだテレビ番組の切り抜きや、映画、ミュージッククリップ等が多く人気をあつめています。もしもの話になりますが、「みんなが話題にしているものを後からみたい」という需要があるとすれば、テレビ局が自ら一週間のタイムシフトを提供していたら動画共有サイトはこんなに流行らなかったのではないかとおもいます。そういう意味ではテレビ局側も戦略を失敗してきた面があるかもしれません。
 昔映画が娯楽の王様だった時代にテレビが登場したとき、映画はテレビを「電気紙芝居」と呼んでやや下にみてきました。人気俳優はすべて映画会社所属だったためテレビ局には出演頂けず、代わりに芸能プロダクションと一緒にタレントを育てた、というような歴史もあります。そうした努力の結果として今ではテレビはメディアとして多くの人に親しまれています。インターネットで、それと同じようなメディアの変化が起きているようにおもいます。我々としては同じ轍を踏まないようにしたいです。

――ありがとうございました。


■テレビ東京あにてれちゃんねる
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch7

以下のシリーズ作品が配信されており、1話目は無料で視聴できる。

伊豫田旭彦

【関連記事】
<侵略!イカ娘>アニメ"生写真"サービスが人気 高品質印画紙でアイドル顔負け?
続編もアニメ化決定の人気作!アニメ「化物語」全編をニコニコ動画で一挙生放送
パチスロからアニメ化「Rio RainbowGate」は、「肩の力を抜いて見られる作品」
全文を表示