お笑い芸人の狩野英孝と破局したモデル・加藤紗里が、自身に続きヒップホップレーベル・9sari groupとコラボした元タレントの田代まさし氏を厳しく批判した。

 加藤は2月13日に9sari groupとコラボして「ガリガリサリ(feat. RYKEY, 漢 & D.O)」という楽曲を配信スタートした。9sari groupは加藤の次は田代氏とコラボして、3月4日には「リハビリマーシー(feat. D.O, 漢 & RYKEY) 」をリリースしている。

 「加藤に続き田代氏が……」と注目を集めたこの連続コラボだが、加藤は7日にtwitterで、「申し訳ないけど、こんなクズの隣に紗里の名前を並べて欲しく無い。それぞれ事情はあるかもだけど、紗里にもこれをやって良いのか、悪いのかの区別はあるの」とキッパリ。田代氏とは一緒にされたくないという姿勢を示した。

 「こうやって世間に出続けることで覚せい剤の怖さを伝えているんだと思います」と田代氏を擁護するリプライに対して、加藤は「別に過去にやってしまったことが問題じゃ無くて、誰でも紗里だって色んな問題を抱える可能性は常にある。そしたら反省してまた頑張れば良いと思うの...紗里もクズだけど紗里が許せないのはどんな時も支えてくれた人のそのフレーズだよね」と返信。田代氏が師匠ともいえる存在である志村けんのフレーズ「だいじょうぶだぁ」を楽曲内で連呼していることに違和感を覚えているようだった。

全文を表示