休業中のタレント・ベッキー(32)との不倫問題で、沈黙を続けてきたゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)が、週刊文春の取材に答えた。

 3月2日、渋谷のライブハウスで久しぶりのコンサートを開いた川谷は、ファンを前に「言っておくけど、オレ、好きで黙ってたわけじゃないから!」などと大放言を連発。

 週刊文春記者が発言の真意を聞くべく電話取材をすると、世間からのバッシングについて、川谷はこう話した。

「ネットとかの『謝れ、謝れ』みたいな、言う人たちに対して、僕もそうなんですけど、ベッキーさんもそうだと思うけど、何か違うんじゃないかなと思って」

 川谷は、現在の妻との関係や、ファンへの思いなどについて質問に答えた。

 また、ゲス乙女の別のメンバーが既婚者であるのを隠していることについては、「僕からは、何とも言えないですね。はい」と発言を控えた。

このスクープ記事の詳細はニコニコチャンネルの
「週刊文春デジタル」で3月10日午前5時より全文公開します。
→ 今すぐ入会!

文/「週刊文春」編集部

全文を表示