岸田メル、ガムテープに覆われる ― 「タスケテ… コロシテ…コロシテ… 」
INSIDE

小説・アニメ関連のイラストにゲームキャラクターのデザインと、幅広く手がけている岸田メル氏。『アトリエ』シリーズの「アーランド」三部作などの代表作を持ち、その繊細な筆致と豊かな表現力が多くの方を虜としています。

【大きい画像を見る】岸田メル、ガムテープに覆われる ― 「タスケテ… コロシテ…コロシテ… 」


そしてごく一部では、奇抜なコスプレ姿を披露するユニークな人物としても知られており、仮面を被って両手に剣を握りしめた出で立ちに衝撃を覚えた方も少なくないのでは。また本人が直接行ったアンケートでは、83%もの人が岸田氏のことを「剣士」と思っている事実も発覚。描くイラストだけでなく、その溢れる行動力も実に創造的です。

そんな岸田氏がこのたび、自身のTwitterアカウントにて“謎すぎる”コスプレ姿をお披露目。ガムテープの様なものが胴体全体と左腕、左足を覆っており、右腕と右足には黒い布が、そして両目と口が塞がれた状態の画像をアップしています。また「タスケテ…」とのコメントも、見る者の心をかき乱すばかり。

続いて公開されたつぶやきも、前述の衣装を身に着けた岸田氏が登場。目の覆いは外れていますが、そこから伺えるのは完全な白目。そしてコメントは「コロシテ…コロシテ…」と過激さを増し、ただならぬ雰囲気を醸し出しています。

そして、現時点で公開されている最新のつぶやきにはコメントがなく、公開されている画像にも岸田氏の姿はありません。これまで身に付けていた衣装だけが床に放置されており、余計に想像力をかき立てる一枚となりました。この一連の流れにおける岸田氏の意図は、どのようなものだったのか。また、今後更なる展開を迎えるのか。様々なことが謎めいたまま、3月10日の夜が深まっていくばかりです。【ほかの画像を見る】岸田メル、ガムテープに覆われる ― 「タスケテ… コロシテ…コロシテ… 」

全文を表示