『グレート・ピレニーズ』(誠文堂新光社)より
TOCANA

 1月18日に行われたSMAP謝罪会見で一番インパクトがあったのは草なぎ剛による「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれて、いま僕らはここに立てています」という発言だった。「工藤静香が水面下で暗躍」、「木村拓哉が、激怒するメリー喜多川副社長との仲を取り持った」などの各種報道に鑑みると、「あれ? 木村拓哉って犬みたいだなあ」と思った人も多いのではないだろうか。あっちにワンワン。こっちにキャンキャン。ご褒美のエサを欲しがりシッポをフリフリしているかのようなイメージを思い浮かばせる。そういえば、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内コント「ペットのPちゃん」でも木村は立派に犬を演じてみせているではないか。それに、どこかゴールデンレトリバーにも似ているような気もする。

 というわけで、今回は木村を含めた犬に似ている男性芸能人8人をあげてみた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/03/post_9138.html】

■嵐・二宮和也

 同じジャニーズでいうと、3月4日に日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した嵐・二宮和也は柴犬に似ている。柴犬は一般に独立心が旺盛である一方、飼い主には忠実なのが特徴である。二宮のこれまで報じられてきた性格を考えてみれば、似ているような気もする。

■北山宏光、村上信五

 また木村、二宮以外にも北山宏光(Kis-My-Ft2)や村上信五(関ジャニ∞)など、ジャニーズには犬顔タレントが多い。これもジャニー喜多川には従順であるという気持ちの現れなのだろうか。

■成宮寛貴

 ダックスフントに似ているのは俳優の成宮寛貴だ。母子家庭で14歳の時に母を亡くした成宮は、親代わりとして小学生の弟を育てていかなければならなくなった。成宮は高校進学をあきらめ、引越しのアルバイトなどを経て、芸能界入りしている。情熱的で辛抱強いダックスフントの性格そのものではないか。よく見ると成宮の口元は犬そのものである。

■伊藤英明

 同じ俳優でいうと伊藤英明もダックス顔だ。伊藤は映画『海猿』シリーズの際、広島県呉市で2カ月ほど合宿生活を送り、海上保安官が実際に行っている訓練を体験したという。また、幼少期は慢性腎炎と診断され、長い入院生活を送っていたそう。このエピソードもダックスフントの性格に通じるものがある。


■DAIGO

 1月11日に北川景子と結婚したDAIGOはウェルシュ・コーギー・ペンブロークに似ている。人懐っこい性格で人から愛されやすいコーギーだが、エリザベス女王の愛犬としても知られている。その高貴なたたずまいも昭和最後の総理大臣である故・竹下登を祖父に持つDAIGOはしっかり備えている。ウェルシュ、ウェルシュ、ウィッシュ。ウィッシュもウェルシュが由来なのではないかと疑ってしまう。


■石塚英彦

 チャウチャウに似ているのは食レポでお馴染みの石塚英彦だ。チャウチャウは生真面目で警戒心が強い性格。噂によると、いつもニコニコしている石塚だが、カメラが回っていないときはムスッとしているらしい。また、ロケ進行が遅れると、自分で仕切りだしてしまうという。かわいらしい見た目とは裏腹に、どちらも警戒心が強い性格を持ち合わせている。

 さて、これまでのメンバーは飼い主の手を決して噛むことはなさそうな芸能人が並ぶ。ただ、犬といえばこの人と言える、あの大物芸能人を忘れていた。

 北大路欣也だ。


■北大路欣也

 ソフトバンクのお父さん犬の声として老若男女から認知されている北大路だが、よく見るとグレート・ピレニーズに似ている。グレート・ピレニーズは牧羊犬としてきわめて高い能力を発揮し、古くから羊の番に最適の犬種と言われている。番犬に北大路がいてくれたら、これほど安心できるものはない。

 これまでの北大路には全く犬のイメージがなかった。北大路が犬に似てきたのか、犬が北大路に似てきたのか、どっちなのだろう。どっちでもいいか。

※『グレート・ピレニーズ』(誠文堂新光社)より

全文を表示