春の番組改編でフジが“女子アナ外し”の波紋…人気アナがいなくなる!
週プレNEWS

春の番組改編、フジテレビは低迷を打破すべく、大なたを振るう。朝から夕方にかけて、15時間ぶっ通しで生番組を放送することを発表したのだ。

「大きく変わるのは午後の時間帯で、『ライオンのごきげんよう』と昼ドラ枠を撤廃し、『バイキング』を50分、『直撃LIVE グッディ!』を10分拡大するというもの。

特にしんどいのは、『バイキング』のスタッフですよ。今後、ロケもののVTRを増やしていくと思いますが、撮影と編集にかなりの時間を取られてしまう。スタッフは心身ともに疲弊するはず」(フジテレビ若手局員)

今回の番組改編では、女子アナからも不満が漏れているという。

「夜のニュース番組も刷新されるのですが、『あしたのニュース』と『すぽると!』が打ち切りになった。これにより、大島由香里アナと内田嶺衣奈(れいな)アナが新番組からも外される見込み。生放送番組が増える一方で、女子アナたちの出番がどんどん減っていっているんです」(フジ関係者)

その一方で、前出の局員がこんな話をしてくれた。

「加藤綾子アナがそうだったように、これまで人気アナに仕事が一極集中していました。けど、どうしてもムリが出てしまうので、局内では女子アナの仕事を均等化しようという動きが出てきているんです。もしかしたら今後、スター女子アナは生まれないかもしれないですね」

カトパンの退社に伴い、栄華を築いた“女子アナ王国”も崩壊してしまうのか──。

全文を表示