【悲報】万能鎮痛剤“ロキソニン”に「重大な副作用」が見つかる…
バイレーツ

画像出典:第一三共ヘルスケア

痛みや発熱に苦しむとき、強い味方として絶大な信頼を集める鎮痛剤『ロキソニン』「重大な副作用」が確認されたとして厚労省が通知。

これを受けて、ロキソニンの使用上の注意が改定された。

画像出典:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

画像出典:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

医療用では「重大な副作用」に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」、市販用では「相談すること」に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」をそれぞれ追記。

直近3年度の国内副作用症例の集積状況は、関連症例が医療用で6例、うち因果関係が否定できないものが5例あり、死亡は0例だった。

腸狭窄や、もっと進むと腸閉塞になってしまうことも。なんにしても、用法・用量をよく守っていきたい。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:第一三共ヘルスケア/ロキソニンS
参照・画像出典:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構/平成27年度指示分
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

全文を表示