武田玲奈「怖かった」女子高生たちから「悲鳴が聞こえてきた」/(C)2016「のぞきめ」製作委員会
モデルプレス

【武田玲奈/モデルプレス=3月28日】モデルの武田玲奈が27日、都内で行われた映画「のぞきめ」(4月2日より全国ロードショー)の舞台挨拶に登壇。女子大生役として出演する武田はイベント前、100人の女子高生とともに「女子高生限定試写会」を実施。上映中、女子高生たちから聞こえてきた悲鳴に「怖かったけど、皆いい反応でした」と話した。

【さらに写真を見る】武田玲奈、ミニスカ女子高生たちと一緒に試写会/武田玲奈「怖かった」女子高生たちから「悲鳴が聞こえてきた」

上映終了後に武田は「目隠しをしながら、指の隙間から観ていました。まだ引きずっています」とホラー映画が苦手な一面を披露しつつも、「大勢で観れば楽しいですね」と前向きなコメント。

◆時代の異なる2つの怪事件、新たなジャパニーズ・ホラー

歌手の板野友美が初主演を務める本作は、同じ場所で起きた、時代の異なる2つの怪事件を描いたジャパーニズ・ホラー。窓・タンス・カーテンの隅などから覗き、目が合った人間を恐怖のどん底に突き落とす“のぞきめ”という怪異が事件の鍵。武田は女子大生の宮澤奈美(ミヤザワ・ナミ)役を演じる。

◆実年齢とのギャップ

これまで女子高生役を演じることが多かった武田だが、「女子高生役で制服ばかりだったのですが、今回は衣裳が私服だったので、いつもより大人っぽい服を着てみました。それから周りの子たちと仲が良い感じを頑張って出してみました」と撮影の裏話を明かし、「撮影が1年ほど前だったので、今よりも実年齢と差があってギャップがありました。でも、きっと今なら近いと思ったのかなと」と振り返った。

◆女子高生たちと一緒に観て…

一緒に観ていた女子高生たちの反応について「後ろから皆さんのワー!キャー!という悲鳴が聞こえてきて、歳が近い子ばかりなので他の人がいることに安心感がありました。映画は怖かったけど、皆いい反応でした」と試写会の感想を話した。

◆ホラー映画は大きな挑戦

また「普段ホラー映画を観るか」という質問に対して、「洋画・邦画問わず色々観るんですが、怖いのが苦手なので、ホラーは全然見てないんです。なので今日は大きな出来事、挑戦でした。今日みんなで観てみて、ワー!キャー!言いながら観るならいいのかなと思いました。周りがざわつくと、そろそろ来るかも!って心構えが出来ますし(笑)」とホラー映画への思いも披露。

◆恋愛のドキドキに似ている?

またイベントでは、ホラー映画ならではの話題も。ホラー映画やジェットコースターには、“怖いドキドキ”が一緒に体験した相手への“恋愛のドキドキ”だと思い込んでしまう「つり橋効果」があるというが、武田は「そういうの、いいですね(笑)。この映画は怖いので、ドキドキが倍増しますね!(意中の方と)ぜひ劇場へ!」と呼びかけ、「今日は一緒に観てくれてありがとうございました。みんなの『ワー!』という声に助けられました!」と笑顔で感謝していた。(modelpress編集部)

全文を表示