「くん」が付くタイトルで思い浮かぶアニメ・漫画ランキング
gooランキング

アニメや漫画に登場するキャラクターには、親しみを込めた敬称がつきもの。タイトルにも、そのまま「くん」がつく作品が多くあります。そこで今回は、「くん」が付くタイトルで真っ先に思い浮かぶアニメ・漫画について聞いてみました。皆さんが真っ先に思いつく作品はどれですか?

■「くん」が付くタイトルで思い浮かぶアニメ・漫画ランキング
1位 怪物くん
2位 おそ松くん
3位 忍者ハットリくん
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

見事1位に輝いたのは、『怪物くん』。2位とは断トツの票差を集めた『怪物くん』は、漫画家、藤子不二雄Ⓐの代表的作品ともいえる少年マンガです。連載がスタートしたのは、1965年の「少年画報」でした。その後、テレビアニメとしても放映され一躍人気作品に。

最近では、嵐のメンバー大野智主演による実写化で知られています。その認知度の高さから、「くん」が付くアニメや漫画のタイトルとして真っ先に思い浮かぶのは当然といえるのかもしれませんね。

出典:Amazon


2位には『おそ松くん』がランク・イン。赤塚不二夫による、松野家の六つ子たちが繰り広げるドタバタギャグマンガです。脇役のイヤミが放つ「シェー」が当時流行語になったほか、おでん大好きのチビ太や、日の丸の旗が頭にささっているハタ坊など、個性的すぎるキャラも魅力のひとつ。

ちなみに、最近なにかと話題の『おそ松さん』は、大人になったおそ松くんたちが登場するリメイク版。深夜枠とあって下ネタやパロディが満載で、女性ファンを中心に熱狂的な人気を集めているとのこと…。実際かなり笑えるので、原作を見ていなくとも一見の価値ありですよ!

出典:ebookjapan


3位は『忍者ハットリくん』。1位の『怪物くん』と同じく、藤子不二雄Ⓐの作品です。「ニンニン」や「〜でござる」など、独特の口調が特徴のひとつ。1964年に連載がスタートし、66年には早くもテレビドラマ化しています。

これまで何度か映像化されているハットリくんですが、2004年にSMAPの香取慎吾主演による実写映画化のインパクトが(いろんな意味で)強かった!という人も多いのでは?

出典:Amazon



ということで、上位には藤子不二雄Ⓐの作品が2つもランク・インする結果となりました。ほのぼのとしたキャラクターが魅力の作品には、「くん」付けがピッタリといえますね。4位以降のランキング結果には近年の作品も登場するので、ぜひご覧くださいませ!

調査方法:gooランキング編集部が「アイリサーチ」モニターに対して複数選択回答アンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:1,778票
調査期間:2016年01月25日~2016年02月08日
全文を表示