ナリナリドットコム

名古屋メシとして有名な「あんかけスパゲッティ」の老舗ヨコイが、4月15日、関東に初進出することがわかった。

ヨコイは1963年に横井博(山岡博)氏が創業した、あんかけスパの老舗ブランド。当時、まだ一般的でなかったスパゲッティを広めるために、イタリア家庭料理のミートソースをヒントに日本人が好むようなソースを考案したのが始まりだ。現在は横井氏が名古屋市内に3店舗(住吉店、錦店、KITTE名古屋店)を展開しているほか、パートナー企業との共同出資会社「あんスパ本舗」が愛知県内に2店舗展開している。

今回の関東初進出は、東京・六本木にあるリゾートダイニング「Resort Dining Juppy(ジュッピー)」の店舗スペースで、ランチタイムに「ヨコイ 六本木JUPPY店」の看板を掲げて営業するもの。

ランチタイムはヨコイメニュー6品を提供、夜は従来通り「Juppy」として営業するが、ヨコイメニュー3品も提供する。

メニューは、ヨコイと言えば「ミラカン」(950円)というほどのド定番はもちろん提供。「ミラカン」はウィンナー、ハム、ベーコンの肉料理(ミラネーズ)とオニオン、ピーマンの野菜料理(カントリー)をミックスしたもので、麺はソースとよく絡むように極太の2.2mmの太麺を使用する。逆アルデンテ(ボイルの後に表面をラードで炒めることで、外がカリッと中がモチっとしたアルデンテとは逆)の状態で提供するのが特徴だ。

そのほか「海老ネーズ」(1,100円)、「ハムエッグ」(850円)などを提供する。
全文を表示