なぜだ!日本人はどうして「中国高速鉄道は世界一」だと認めないのか=中国
サーチナ

 新幹線は世界で初めて開業した高速鉄道だ。中国は高速鉄道産業においては後発中の後発だが、今では各国の高速鉄道市場をめぐって新幹線と熾烈な受注競争を展開している。中国は高速鉄道技術を自主開発したと主張すると同時に、中国高速鉄道は世界をリードする存在であると主張している。

 中国メディアの捜狐はこのほど、「中国高速鉄道は世界一だというのに、なぜ日本人は承服しないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず、新幹線の強みとして「確立された基幹技術と整った一連のインフラシステム」を挙げ、その技術はシームレスに統合され、長期的に安全に運用されてきた豊富な経験を持つと指摘。新幹線の安全性と安定性は中国高速鉄道を上回るとする一方、新幹線の輸出市場における歩みは「非常に遅かった」と論じた。

 さらに、中国高速鉄道の技術的な強みとして、「レールおよびトンネルの建造技術が優れ、温度変化が極めて大きいなどといった複雑な状況でもレースが変形しない技術を持つ」ことを挙げたほか、建設コストも建設速度も日本を大きく上回ることを挙げた。

 確かに近年の中国高速鉄道の発展は凄まじく、政治的な駆け引きもあって各国の高速鉄道事業の受注に成功している。中国人が中国高速鉄道に自信と誇りを抱く気持ちはよく理解できるが、記事が主張しているように「日本人が中国高速鉄道の実力に承服しようとしない」のだとすれば、中国高速鉄道が新幹線と競合関係にあることのほか、もともと日本側が提供した技術をベースにしているにもかかわらず、自主開発したなどと主張している点も要因の1つではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Guo Zhonghua/123RF.COM)

全文を表示