スマートフォンアプリやPCで漫画が読める「少年ジャンプ+」で、4月18日から『ファイアパンチ』の新連載がスタートした。その衝撃の内容はTwitterで一躍話題になり、トレンドにも掲載された。


『ファイアパンチ』は、「氷の魔女」によって雪や飢餓、狂気に覆われた世界を舞台に、様々な能力を持つ祝福者を描くダークファンタジー。再生能力を持つ祝福者の主人公・アグニの復讐が描かれる。第1話は、残酷な設定や世界観に一部グロテスクな描写を入れつつ、タイトルの『ファイアパンチ』に落とし込む展開となっている。Twitterでは、「続きメチャクチャ気になる」、「完璧な1話」など、面白かったという声が大多数。「進撃1話を見たときの感覚」、「主人公が苦しんだ期間長いのがいい」、「このタイトルで行こうと思ったセンス(あるいは勇気)」といったコメントも寄せられ、高い評価を得ている。


作者の藤本タツキは、ジャンプSQ.の読切『恋は盲目』で2年前にデビュー。『ファイアパンチ』が初の連載作品となる。『ファイアパンチ』の第2話「序章 覆われた男」は4月25日に配信される。



1話「ファイアパンチ」掲載ページ

「少年ジャンプ+」に衝撃の新連載 残酷なファンタジー『ファイアパンチ』が大反響/画像は少年ジャンプ+公式Twitterより