ナリナリドットコム

アサヒ飲料は3月15日、“米国No.1”(※米国手売りチャネルにおける販売数量。ACニールセン調べ)エナジードリンク「Monster Energy(モンスターエナジー)」を、国内独占販売すると発表した。5月8日より、「モンスターエナジー 缶355ml」と「同 カオス 缶355ml」の2種類を発売する。価格は190円(税抜き)。

「モンスターエナジー」は、米モンスタービバレッジコーポレーションが2002年より販売しているエナジードリンクブランド。現在、北米や南米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアなど、世界57か国(2010年度)で販売し、ブランド力とファッション性で若者からの圧倒的な支持を得ながら急成長を続けている。

日本国内の栄養ドリンク市場は昨年、前年比105%と拡大傾向で、今年もプラス成長が見込まれており、アサヒ飲料の調査では特に10代〜20代の男女が新たなユーザーとして拡大傾向(2010年8%→2011年13%)にあるという。そうした中で、世界で支持される「モンスターエナジー」ブランドに着目。このたび日本市場に投入する運びとなった。

「モンスターエナジー 缶355ml」は、ビタミンB群、アルギニン、カルニチン、高麗人参エキスなどのエナジー成分とカフェインを配合。「同 カオス 缶355ml」は果汁とエナジードリンクのミックスタイプで、同様のエナジー成分に加え、ミックス果汁(オレンジ、パインアップル、グレープ、アップル、ピーチ)を50%ブレンドしている。
全文を表示