代官山のギャラリー「AL」で5月20日〜29日、「ぼくらが琳派を継いでいく 展[琳派の世界にキャラクターが佇む展覧会]」が行われる。

【詳細】他の写真はこちら

日本画と着物を基盤とする、ものづくりの工房「豊和堂」が主催する同イベント。2015年に京都国際マンガミュージアムで開催された「琳派オマージュ展」で好評を博した「豊和堂」の絵師による作品を展示する。

「漫画やアニメを琳派的手法で描くとどうなるだろうか?」という発想から誕生した、「琳派」と手塚作品や初音ミクなど現代のキャラクターを融合させた作品になっているという。

400年の歴史を持つ「琳派」は俵屋宗達・本阿弥光悦らによって始まった大和絵と呼ばれる日本画の復興。その技法、描き方は、彼らに強く憧れた画家である、尾形光琳によって広く伝えられた事から、光琳の「琳」をとって、「琳派」と名付けられた。

展示する「漫画・アニメ×琳派作品」は、「秋野にパンジャとレオ図 アトムに富士図」「コリラックマと竹林図」「太陽の牙ダグラム/太陽ノ牙朽果図」「初音ミクに杜若図屏風」「柊かがみと紅梅白梅図」「火の鳥蓬莱山図」「リラックマと磯馴松図」「リラックマと軒端の梅図」「レオとユニコ図」。「豊和堂作品」の展示ラインナップは、「尾長鶏図」「四季草花図」「双犬図」「白象図」「藪萱草図」「流水図」。

5月21日18時からは「トークショー&レセプション」を予定しており、吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)、山田晋也(豊和堂アートディレクター)が登場。5月25日・26日の各日16時〜19時には「豊和堂絵師によるライブペインティング」を実施する。開催時間は12時〜19時(会期中無休)。

(c) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
(c)手塚プロダクション
(YATTAR JAPAN)

初音ミクに燕子花図屏風