ゴゴ通信

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

国内でも7月22日にリリースされたスマートフォンゲームアプリ『ポケモンGO』。海外で先行してリリースされその人気は異常なほど。
街中でスマートフォンを触っている人を見たらほとんどが『ポケモンGO』でもはや社会現象と言っても良いだろう。

名古屋の鶴舞公園(つるまこうえん)や東京都世田谷区の世田谷公園、錦糸公園、駒沢公園に多くのユーザーが日中集まっている。

そんな『ポケモンGO』に便乗した商売が登場。『ポケモンGO』アプリ設定サービスを行うもので「アプリインストール」「アカウント設定」「初期設定」など各1000円。3項目セットで2500円となっている。

中には『ポケモンGO』遊びたさに初めてスマートフォンを購入した人も少なくないはず。そんな人のためにAppStoreやGoogle Playからダウンロード、そしてGoogleアカウント取得の指導やアカウント設定など行ってくれるというもの。

こういう商売はスマートフォンが普及しはじめた頃にも似たような商売が行われており、大手量販店でも「Wi-Fiサービス設定」「アプリ設定」「Gmail設定」などで1000円を取っていた。

関連:【動画】『ポケモンGO』のミニリュウ確保に世田谷公園が異常事態!!! まるでお祭り状態

全文を表示