こんにちは。ハーバルセラピストの中澤小百合です。っ盛りですね! そして、毎日暑いですね! 猛暑続きで、すでにぐったり……という人はいませんか? それでは、仕事をする気がしないだけでなく、夏休みや楽しみにしているイベントも楽しめませんよね。まだ、8月に入ったばかり。はこれからですよ! そこで、11回となる今回のテーマは「バテ」です。

バテ予防にオススメのハーブは?

暑い日が続くと、寝不足になって疲れが取れなかったり、食欲がなくなったりしてしまうもの。また、冷たいものを飲みすぎて、腸の機が低下してしまうこともあります。そうなる前に、バテ対策をしておきましょう。中でもハーブティーは、汗で失われがちなビタミンミネラルなど体に必要な栄養素の補給、低下しがちな体の機も調整などをしてくれるので、分補給に最適です。今回、ご紹介するハーブは以下の4つです。

(1)ルイボス
(2)ハイスカ
(3)マテ
(4)レモングラス

ルイボス南アフリカに生育する植物で、先住民の間で「不老長寿のお茶」として飲み継がれてきました。一番の特徴は体をさびつかせる活性酸素を取り除き、抗化作用に非常にすぐれていること。外線を浴びると活性酸素が発生するので、には積極的に摂りたいハーブです。日焼けによるシミ・ソバカスの予防など美容効果も期待できます。汗で失ったミネラルを補給できるとともに、代謝を促進し、活不足を善。アレルギーを予防する働きもあると言われています。

ハーブティーにすると鮮やかなルビー色で独特の味が特徴のハイスカス。その味は梅干しなどにも含まれるクエン酸によるもの。体疲労を回復させる働きにすぐれており、「天然スポーツリンク」とも言われています。

され続けてきたマテはビタミンミネラルなどの栄養素を豊富に含み、「飲むサラダ」とも呼ばれます。ハーブには基本的にカフェインは含まれていないのですが、マテは少量のカフェインを含みます。の働きを活性化して活を高める作用があり、疲労回復に役立ちます。

レモングラスはタイ料理トムヤムクンなどに使われるエスニック料理には欠かせないハーブ腸の不調やインフルエンザなどの感染症の症状を緩和する働きがあるとされ、食欲がないときやもたれが気になるときにオススメです。柑橘系植物ではありませんが、レモンのようなさわやかな香りがするため、リフレッシュ効果も期待できます。

バテ対策にオススメのハーブまとめ>

ルイボス
科名:マメ
要成分:フラボノイド、フラボノイド配糖体、タンニン、フェノーなど
な作用:抗化、代謝促進、強壮など

ハイスカ
科名:アオイ
要成分:植物クエン酸リンゴ酸など)、アントシアニン、液質など
な作用:利尿、代謝促進、消化機促進など

マテ
科名:モチノキ科
要成分:アルカロイド、クロロゲン、フラボノイド、ビタミンミネラルなど
な作用:奮、利尿など
妊娠中は使用を避けましょう。

レモングラス
科名:イネ
要成分:精油、フラボノイドなど
な作用:健、消化機促進、抗菌など
妊娠中は使用量に注意。

(文:中澤小百合イラスト奈良恵)

ハーブの利用法は、次のページチェック

暑さに負けないために! 夏バテ予防にぴったりの飲み物は?