マイナビニュース

映画化、主題歌の売上も絶好調!!

深夜枠のアニメはテーマも内容も大人向けのものが多く、「これぞ名作」というものも多く登場しています。そこで男性380名に「成功したと思う深夜アニメ(2000年代)」を聞いてみました。

>>女性編も見る


Q.成功したと思う深夜アニメ(2000年代)は?(複数回答)
1位 『けいおん!』シリーズ 30.3%
2位 『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズ 22.4%
3位 『のだめカンタービレ』シリーズ 16.6%
4位 『らき☆すた』 16.3%
5位 『魔法少女まどか☆マギカ』 10.8%


■『けいおん!』シリーズは成功した!!
・「アニメを知らない、興味がない人でも名前は知っているぐらい有名になったので」(23歳/機械・精密機器/技術職)
・「コンビニなどでキャンペーンが行われるぐらいヒットした」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「映画上映、キャラグッズ販売など、すごい金額を稼いでいると思う」(25歳/学校・教育関連/その他)
・「映画化されたり、コンビニのグッズになったりしたので」(28歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)
・「関連CDが音楽ランキングに入ったのがすごい」(26歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)


■『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズは成功した!!
・「多くの人が名前くらいは聞いたことがあり、メディア展開が多方面にわたっている」(42歳/その他/販売職・サービス系)
・「アニメに疎い私でも知っているほどヒットした作品」(44歳/情報・IT/事務系専門職)
・「深夜アニメのクオリティーの高さを世に知らしめた作品だと思う」(23歳/学校・教育関連/専門職)
・「映画化され、社会的ムーブメントを起こしたと感じる」(31歳/食品・飲料/その他)


■『のだめカンタービレ』シリーズは成功した!!
・「最終的に映画にもなったので。賛否あるかもしれないが、成功しているのでは?」(30歳/自動車関連/技術職)
・「大人向けの内容なので、ゴールデンタイムで放送するよりよかったと思う」(40歳/機械・精密機器/技術職)
・「映画でも人気があったので」(29歳/医療・福祉/専門職)


■『らき☆すた』は成功した!!
・「アニメを知らない年配者でも、この作品名は知っていることが多い」(48歳/ソフトウェア/技術職)
・「ものすごいブームになり、人気があるから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)
・「舞台となった地元の活性化につながったから」(27歳/医療・福祉/専門職)


■『魔法少女まどか☆マギカ』は成功した!!
・「オリジナルアニメとして、先が読めない衝撃的な展開が続き、視聴者にドキドキ感を与えてくれた」(26歳/電機/事務系専門職)
・「今までにない展開も、そうなるだろうなという展開もあってよかった」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「深夜枠であれだけ盛り上がったのはすごいと思う」(22歳/通信/技術職)


■番外編:この深夜アニメは成功した!!
・『とらドラ!』:「友達の家で見た記憶があります。あまり興味がなかったのですが、徐々に見るようになりました」(23歳/生保・損保/営業職)
・『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』:「毎週楽しみに見ていた。ストーリー的に夕方とか朝には合わない」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・『ゼロの使い魔』シリーズ:「4期目に突入しているこのアニメはいい。微エロシーンもかわいらしく、キャーってなる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・『化物語』:「映像化不可能と言われたものをシャフトがきっちり仕上げていて、ものすごくよかった」(24歳/情報・IT/技術職)
・『夏目友人帳』シリーズ:「男でもハマる。4期目なのもうなずける」(28歳/通信/営業職)


総評
女子高生がバンドを組むほんわかストーリー、『けいおん!』シリーズが1位を獲得。主人公たちが通う高校は、滋賀県に実在する小学校の旧校舎がモデルになっていると推察されたことから多数のファンが聖地巡礼に訪れました。2位は『涼宮ハルヒの憂鬱』。原作の発行順や物語上の時系列と異なる順序で放送されたので、原作ファンも新鮮な気持ちで楽しめたかも。「深夜アニメのクオリティーの高さを世に知らしめた作品」と絶賛する意見が寄せられました。


ノイタミナ枠で放送されていた『のだめカンタービレ』シリーズは3位。実写ドラマがヒットした後のアニメ化なので、注目度は高かったようです。『このアニメがすごい!2008』(宝島社)の「このアニメがすごい大賞」で1位を獲得した『らき☆すた』は4位にランクイン。舞台のモデルとなった鷲宮神社に聖地巡礼するファンが相次ぎ、「地元の活性化につながった」との声も。


5位はオリジナルアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』。2011年に第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で大賞を取るなど高い評価を受けた作品です。ほんわかした絵に反して内容はシリアスで、精神的に追いつめられていく主人公たちの心の揺れ、先が見えない展開もかなり話題になりました。


映画化、主題歌のヒットなどにより知名度が高かった『けいおん!』シリーズが見事トップに輝きました。2位の『涼宮ハルヒの憂鬱』と共に、2000年代の深夜アニメを引っ張ってきた作品といえそうです。萌え系だけでなく、シリアス系からほんわか癒やし系まで多岐にわたる深夜アニメ。今後もどんな名作が登場するのか楽しみです。(文・飯塚雪/C-side)


調査時期:2012年2月10日~2月14日
調査対象:マイナビ ニュース会員
調査数:男性380名(その他と回答した12.6%を除く)
調査方法:インターネットログイン式アンケート


全文を表示