ナリナリドットコム

米国では、子どもが小遣いを稼ぐためにレモネードを販売するという話がよく聞かれる。また、お金を必要としている人を助けるために寄付集めの目的で行われるケースも少なくないが、ある6歳の少年はがんを患った父親の医療費をサポートしたいと、先日レモネード販売を行った。すると1日で1万ドル(約80万円)以上ものお金が集まったそうで、米国内で話題を呼んでいるようだ。

この少年はテキサス州グレードウォーターに住むドリュー・コックスくん。米放送局NBCやKLTVなどによると、彼の父ランディさんは今年2月、精上皮腫というがんに侵されていると診断された。ランディさんの場合は上半身の数か所にも腫瘍が見つかったが、化学療法を続ければ改善の見込みが高いと見られているという。

ここで家族の不安となったのが、治療に費やす医療費の問題。ランディさんは医療保険に加入しているものの、週に1度、毎回6時間の治療を続けると、今後は「数千ドル(1,000ドル=約8万円)」の出費が避けられない。すると「レスリングやレゴで一緒に遊ぶのも好きだし、何をしても楽しい」(米放送局ABC系列KLTVより)という、お父さん大好きなドリューくんは何とか助けたいと思案。お金の面からお父さんをサポートしようと、家の前でのレモネード販売を考えたそうだ。

そして4月14日の朝、彼は1杯25セント(約20円)のレモネードを用意して販売を開始。家の場所も良かったようで、「看板に気が付いて買いに寄る」ドライバーも多く並んだ結果、彼のレモネードは飛ぶように売れた。中には話を知って「数十マイルも離れた場所」から駆けつける人もいたほか、販売の目的を知ってレモネードを「5,000ドル(約41万円)の小切手」で買う客も現れたおかげで、最終的にわずか1日で1万ドル以上のお金を稼いだ。

息子の計画を聞いただけでも「泣かされた」という父親に、6歳にしてお金の面で大きな心強さを与えたドリューくん。そんな息子をランディさんは「本当に利口」とも話し、長男の彼を含め小さな3人の子どもたちのためにも、病気に対して前向きに闘う勇気が膨らんだようだ。
全文を表示