ニコニコニュース(オリジナル)

roudou.jpg 現代社会を多角的に検討する「知」の交流スペース「シノドス」が、2011年1月18 日、「若者のための労働市場改革」と題して、ニコニコ動画で生放送を行った。番組では、エコノミストの飯田泰之氏、コンサルタントの城繁幸氏、民間シンクタンク研究員の片岡剛士氏らが、全年齢総計での完全失業率が5%を切る中で、"25歳~34歳のみが悪化"という、異常事態を迎えている「日本の若者の労働市場」について語り合った。

 番組において、自らを"アラサーニート"と名乗る視聴者から「僕はどうやって生きていけばいいですか。私たちは、今どのように職に就けばいいのですか」という質問があった。これに対して、飯田氏は「体力があれば、都市部になら飲食の仕事はある。あとは、営業ができるかどうかが分かれ道。まず人に会うのを嫌がらないことが大事」と答えた。片岡氏も「一人で考えるのではなくて、周りの人に相談してみること」とアドバイスし、両氏ともコミュニケーション能力を磨くことの重要性を訴えていた。

 これ見ていた視聴者からは、「コミュニケーション能力ってのも あやしいけどなー」「周りがまともとは限らない」「コミュ力ってのが曖昧すぎる」といったコメントが寄せられ、総じてコミュニケーション能力に対して否定的な雰囲気。しかし、一方で「コミュ力ってどうしたら得られる?」「コミュ力あればなんとかなる」という前向きに捉えようとする意見も見られた。

 番組の最後には、城氏が具体的な政策提言として「組織に入りやすくなるように規制緩和して、企業の現場で若者にOJT(=実際の仕事を通じて、必要な能力を教育すること)をさせる。まずは今できることを始めていったらいい」と若者の労働"機会"を増やすことを主張。長引く不況、日本の若者の労働環境は、まだまだ課題が山積している。

ニコ生シノドス「若者のための労働市場改革」
「アラサーニートへのアドバイス」部分より再生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv37457543#01:59:21
(番組はタイムシフト機能で2011年1月25日まで視聴できる)

(山下真史)

【関連記事】
ひろゆきも感心!もしも就職先がブラック企業だと思ったら
「風俗に行こうかなと思って」中卒作家、芥川賞受賞の喜びを語る
生活保護受給者増加で、派遣切り相談減少?派遣村・村長が語る派遣問題の現状
全文を表示