『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』
キャラペディア

電子書籍販売サイト「eBookJapan」から、先週発表された「総合ランキング」に加え、「今年発売された話題のマンガ」や「完結マンガ」の売上ランキングが発表された。(集計期間:2016年1月1日~11月20日)

2016年に1巻が発売され、新登場した赤マル急上昇のマンガランキングでは、男性マンガ1位に2016年6月よりファン待望の電子配信が始まった『ワンパンマン』。WEBページでの無料連載から火がつき、累計1,000万部突破を果たした超人気作品で、日本国内のみならず、『NYタイムズ』のマンガベストセラーリストで上位常連であるなど、今、海外で最も人気の高いマンガと言える。

女性マンガ1位は、pixivで閲覧数480万超を記録した『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』。『ワンパンマン』同様、WEBの無料公開から火がつき、単行本化後はレビューサイトやSNSで絶賛の声が鳴りやまない今年最高の話題作。28歳女性の赤裸々過ぎる体験と告白に、女性を中心に共感の声が多数寄せられている。

なお、2016年は連載16年の『BLEACH』や連載40年の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』など、主に「週刊少年ジャンプ」に連載されていたご長寿マンガの「完結ラッシュ」ともいえる1年だった。

また今年、TVでドラマ化、アニメ化された作品や映画化で話題となった作品のランキングも発表された。「マンガ大賞」に3年連続ランクインし、2016年にはフジテレビ系「ノイタミナ」枠でアニメ化され、藤原竜也さん、有村架純さん主演で実写映画化された『僕だけがいない街』が完結マンガと同様1位。2位には広瀬すずさんが主演の実写化映画が大ヒットし、続編映画も製作中の青春マンガ『ちはやふる』がランクインしている。

※ランキング詳細はキャラペディア記事内にて記載


【この記事の全情報・全画像はこちら】

全文を表示