眼球と網膜の基本構造
ITmedia ニュース

 理化学研究所は1月11日、光を感じる目の組織に異常が起きる「網膜変性」のマウスに、ほかのマウスのiPS細胞で作った網膜を移植したところ、光への反応が回復することを確認したと発表した。人の臨床研究への応用を目指し、研究を進める。

【拡大画像や他の画像】

 網膜変性は、光を感じる組織である網膜に異常がみられる病気で、視野狭窄・視力低下が起きたり失明につながる。網膜は再生力が低く自然治癒は見込めないという。

 理研は今回、網膜変性末期のマウスに、別のマウスから樹立したiPS細胞で作った網膜組織を移植。光を点灯させた5秒後にマウスに電気ショックを与える訓練を行い、光に対する反応が変化するか確かめた。

 マウスは、光に気づいて5秒以内に反対側の部屋に移動すればショックを避けられるため、移植によって光がよく見えるようになっていれば、電気ショックの回避率が上がる。実験では、移植後のマウス21匹のうち9匹で、光に対する行動パターンが改善し、電気ショックの回避率が上がった。

 今回移植した部分は全体の視野の5%にも満たないため、網膜のより広い部分に移植すれば、回避率がさらに向上するとみている。

 また、移植片と移植先の細胞が接触し、シナプスを形成していることも確認。移植後のマウスの網膜を解析したところ、移植部分に網膜全体としての光応答性の反応が検出された。

 実験チームは現在、ヒトES細胞やiPS細胞由来網膜でも視機能の検証を行っており、臨床研究への応用につなげる。

全文を表示