「アオイホノオ」の連載100回を記念し展開された「アオイホノオ被害者の会~島本和彦への暴言~」。
コミックナタリー

島本和彦「アオイホノオ」が、本日1月12日発売のゲッサン2月号(小学館)にて連載100回を突破。これを記念し、今号では「アオイホノオ被害者の会~島本和彦への暴言~」と題した特別企画が展開されている。

【大きな画像をもっと見る】

島本本人の大学時代をベースに描かれる青春ドラマ「アオイホノオ」。庵野秀明や山賀博之など、実際に島本と学生時代を過ごしたクリエイターたちが登場するほか、「かわいそうなあだち充……」「高橋留美子は…タイミングだけで生きている!!!」など、著名なマンガ家たちへの暴言が飛び出すことでも知られている。「アオイホノオ被害者の会」には、あだちや高橋、藤田和日郎らこれまでに島本の暴言に振り回されてきた作家陣が集結。連載100回を記念し、島本への“暴言”となるイラストやコメントを寄稿した。祝福か断罪か、作家陣から島本へどのような言葉が投げかけられているのか、誌面にて確認しよう。

「アオイホノオ被害者の会~島本和彦への暴言~」参加者一覧

あだち充、高橋留美子、原秀則、細野不二彦、新谷かおる、佐伯かよの、矢野健太郎、板垣恵介、雁屋哲、南雅彦、堀江信彦、福田雄一、藤田和日郎

全文を表示