18.9インチ(約48センチ)という世界一大きなペニスを持つ男として知られるメキシコ人、ロベルト・エスキベル・カブレラさん(54歳)が世界の話題をさらっている。

2015年「ペニスの大きさが、心と身体に苦痛を与えている」として、居住している自治体に身体障害者認定を要求したことで話題となったカブレラさん。しかし、英紙「Daily Star Sunday」(1月24日付)によると、一度は医師団らによって進められていたペニスの縮小手術計画を拒否したようだ。

 同紙によると、カブレラさんの元に米ポルノサイトから出演依頼が舞い込み、作品の中でその巨根を存分に発揮することが求められた、というのが理由のようだ。

 このオファーに、カブレラさんは「俺はポルノスターになる! 大金を稼げると思う」と、意欲を示しているとか。

 ちなみにカブレラさんに出演依頼をしたのは、「fakehospital.com」という病院モノの専門サイトで、看護師役の女優とのカラミになるそうな。
 
 ポルノサイトに出演する一方、カブレラさんは子ども向けの印刷物にも登場している。

 バルト海沿岸の小国、リトアニアの学校で配布されている男児向けの性教育読本「男になれ」では、カブレラさんを「世界一大きなペニスを持つ男」として紹介しており、「大きなペニスを目指すには、まず重さを増やすことが必要」などと紹介している。

 この読本を見た保護者からは、「男らしさは、内面や行動から表れるもの。しかしこの本には、ペニスのサイズこそが男らしさだと書いてある」と、当惑の声も上がっている。

 しかし、かつては障害と思っていた自身のペニスが、これだけ世界で引っ張りだこになるとは、カブレラさんも予想だにしていなかっただろう。

自宅のベッドでイチモツを見せるカブレラさん。その重さと大きさゆえ、ふだんは包帯で固定しているそう(「Daily Star Sunday」より)