モデル、女優として活躍する「だーりお」こと内田理央が、特別ドラマ「北風と太陽の法廷」(日本テレビ系にて3月放送予定)にて法律事務所勤務の“肉食系女子”を演じる。

【写真を見る】法廷ではこんなに鋭い視線を!

今作「北風と太陽の法廷」は、冷徹で容赦なく相手を叩きのめす“北風”のような女性弁護士・櫻川風香(波瑠)と、温かく癒し系で相手の心を受け止める“太陽”のような男性弁護士・麹谷陽太(岡田将生)が、とある離婚裁判にて争うリーガルドラマ。内田は、風香が勤務する法律事務所で働く女性で、いい結婚相手を探す“肉食系女子”大村真由子に扮している。

出演に際して内田は「波瑠さん演じる風香さんが男嫌いでクールな役柄なので、真由子は逆に“女子力高め”を意識して演じました。風香さんと陽太さんのやり取りにすごくキュンキュンするので、2人の恋模様にも注目してほしいです!」とコメントしている。

ビジネススーツに身を包み、法律事務所勤務の女性を演じる