横浜市で昨年10月、集団登校中の小学生の列に車が突っ込み7人が死傷した事故で、横浜地検は16日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で逮捕された男(88)を処分保留で釈放した。地検は「現時点で起訴に足る証拠がない」と説明。同日が勾留期限のため、今後は任意で捜査を続ける。

 男は認知症の疑いなどがあったため、昨年11月11日から今月10日までの約3カ月間、責任能力を調べるため鑑定留置されていた。地検は認知症について「コメントしない」としているが、男が事故当時、認知症を自覚できていなかった場合、注意義務を果たせないため、罪に問えない可能性がある。

 事故は昨年10月28日朝に発生。男が運転する軽トラックが軽乗用車に追突して横転。軽トラックの下敷きになった小学1年の田代優君=当時(6)=が死亡し、他の児童2人が骨折するなど6人が重軽傷を負った。 

全文を表示