ナリナリドットコム

米国のある女性と孫の男の子は先日、家の裏庭にいたところ、空から生後間もない子犬が落ちてくるところを目撃し、すぐに駆けつけて保護した。2人は弱っていた子犬を「神様からの贈り物」と感じ、大事に世話をしているそうだ。

米放送局NBC系列KSEE24などによると、“贈り物”を見つけたのは、カリフォルニア州ロスバナスで暮らすエレイン・ブシャードさんと、孫のテイラー・キャラウェイくん。5月13日、裏庭にいた2人は空から「生後8週目」と見られる子犬が落ちてくるのを目にしたという。子犬はブシャードさんが「地面で跳ねた」と話すほど激しく叩き付けられたようだが、裏庭を程良く覆っていた落ち葉と身の軽さもあってか、一命は取り留めた。

しかし、相当な高さから落ちて来ただけに、キャラウェイくんが近づいたときには「ほぼ死にかけていた」そう。それにしても、なぜ子犬が空から落ちて来たのか。ブシャードさんは、子犬が落ちた直後に空を見上げた際、上空に「鷹が旋回していた」と話している。さらに子犬の体には鋭い爪で強く捕まれた跡のような傷が3つ残っており、助けたときには毛が「べたべたしていた」ことから、彼女は鷹が「ゴミ捨て場のような場所」から子犬を連れ去り、何かの拍子で2人の家の裏庭で落としたのではと考えているようだ。

2人に発見されたのは偶然だったのか必然だったのか、とにかく突然空からやって来た子犬を、2人は「神様からの贈り物」と歓迎。もともと猫や犬に加え馬なども飼っている動物好きのブシャードさんは、すぐに子犬を引き取って一緒に世話をしようと決めた。そのおかげで「TJヘヴンリー」と名付けられた子犬は、獣医の診察も受け、適切な処置や看病により順調に回復。その間にまだ閉じていた目も初めて開き、着実に成長しているという。

「神様が空から落としたのだから、大切にしなくちゃ」と、子犬を引き取った理由を話すブシャードさん。また、5月13日が母の日だったこともあって、神様が動物好きの彼女へプレゼントしてくれたと信じているという。それだけ大事に思ってくれるブシャードさんに面倒を見てもらえるなら、子犬もこれからはきっと幸せな時間を送れるに違いない。
全文を表示