東邦大学医学部本館(東京都大田区)
日刊SPA!

 飲酒により抵抗できない状態の10代後半の女性に対し、集団で性的暴行をしたとして、埼玉県警は16日、千葉県の船橋中央病院の研修医・上西崇容疑者(31)、東京慈恵会医科大学附属病院の研修医・松岡芳春容疑者(31)、東邦大学医学部6年生の学生・柁原龍佑容疑者(25)の3名を集団準強姦などの疑いで逮捕した。上西、松岡容疑者の両名は黙秘しているが、柁原容疑者は「先輩に誘われた。間違いありません」と容疑を認めているという。

 朝日新聞の報道によれば、事件が起きたのは、2016年4月30日午後10時35分頃。場所は、上西容疑者が千葉県の自宅とは別に契約する東京都大田区のマンションだった。上西容疑者らは「飲み会をやろう」と呼びかけ、知り合いの女性数人を集めた。そして、女性たちが酒に酔ったあとで、集団で性的暴行に及んだとされる。

 3人の容疑者は、いずれも東邦大学医学部出身で、上西容疑者と松岡容疑者は在学中に同じサークルに所属していたという。上西容疑者は、2016年4月から7月にかけて、10~20代の合計7名の女性に性的暴行をはたらいたとして6件の容疑で逮捕、起訴された。このうち女性1名に対する暴行容疑では、松岡容疑者も逮捕されている。

 逮捕直後にすぎず、罪状が確定したわけでもない。実際に何が起きたのかは、捜査や裁判の推移を見守るしかないが、2016年に発生した千葉大学医学部生によるレイプ事件、慶應義塾大学広告研究会の男性学生らによる集団強姦事件、東京大学大学院生ら3人による強制わいせつ事件に続く、学歴エリートの性犯罪事件として注目を集めている。

 大志を胸に、医学部入試という難関を突破し、医療を通じて人々の役に立ち、社会に貢献していくはずだった3人は、なぜ自らの性衝動に身を任せ、女性を傷つけ、輝かしき将来を棒に振るような事件を起こしたのか。

 3容疑者のなかで唯一の現役医学部生である柁原容疑者の中学時代の同級生に、その素顔を聞いた。

◆“御三家中の問題児”から「更生」し医学部に合格

 元同級生のAさん(25)は、事件に衝撃を受けつつも、「本当に良いやつだったので、信じられないです」と語る。

「私と柁原は、中学入試で御三家と呼ばれている中高一貫校に通っていました。遅刻や欠席など素行が悪かったり、成績が悪い生徒は、高校に進学する時に“仮進級”という扱いになるのですが、柁原もその一人でした。

成績はよくなかったですし、遊び歩いていましたが、不良というようなタイプではなく、明るく、友達は多かったですね。同級生とよくつるんで歩いていたのを覚えています。ただその後、学内で盗難事件をおこし、公立高校に転入してしまいましたが」

 しかし、柁原容疑者は公立高校への転入をきっかけに一念発起したようで、一浪して東邦大学医学部へと進学する。

「成績はかなり悪いところからの出発でしたので、相当な努力をしたと思います。当時、中学時代の同級生の間で『あの柁原が医学部か』と話題になりましたよ。

医学部入学後も厳しい試験が続きますが、柁原はダンス系のサークルに所属する傍ら、大学の図書館で試験勉強に励んでいたそうです。1年時のカエルの解剖実習にも意欲的に取り組み、医師になるという目標に向け充実した日々を過ごしていたと聞きます。

問題児だった中学時代から“更生”して、医学部に入学したというのはサクセスストーリーですよね。報道されていることが事実なら、本当にもったいないことをしたと思います」

 柁原容疑者は、松岡容疑者と交友があり、先輩後輩関係にあったという。前述の同級生は、「中高時代から女性関係はいろいろあるようでしたが、性格は優しく、無理やり犯行に及ぶような攻撃的なタイプではなかったと思います。もちろん事件が本当だとすれば許されることではありませんが、先輩たちの悪い影響を受けてしまったんでしょうか」と話した。

 東邦大学は「事実関係を確認中」としているが、有罪が確定すれば柁原容疑者が退学処分になる可能性は高い。一度は更生したと思われた青年の歯車は、どこで狂ってしまったのだろうか。 <取材・文/大歩危寛>

全文を表示