アサ芸プラス
アサ芸プラス

 2月19日放送の鼎談番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、お笑い芸人の厚切りジェイソンが登場。ハーフタレントのSHELLY、お笑いコンビ「パックンマックン」のパックンことパトリック・ハーランとともに“外国人タレント”であることについてトークを展開した。

 厚切りジェイソンは「そんなにすごくない日本の文化に対して感動しないといけない場面が多い」とし、その一例として日本が何ですごいのかという番組で四季があることが取り上げられたと言及。「アメリカにも四季があるんだよね、と言いたいけどカットになるから『すごいね~』ってコメントした」という厚切りジェイソンの言葉に、ネット上では多くの反響の声が寄せられている。

「『嫌ならアメリカに帰れ』的な元も子もない言い方もありますが、『最近“日本すごい”系の番組多いけど、自分で言うとイタイ』『自画自賛ほど恥ずかしいものはない』など賛同する意見が多いですね。確かに近年、『外国人が見たスバラシイニッポン』がテーマの番組のほか、『守り続けたいわが国の伝統』『最先端を走る日本の技術』といった、日本を礼賛するタイプの番組が多いかもしれません。何も自虐的になる必要はありませんが、外国人の目線を借りてまで自画自賛しようとする番組の傾向に、視聴者も飽き始めているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 テレビの慣習に染まらずに、厚切りジェイソンにはぜひとも本音のコメントを押し通してほしいものだ。

全文を表示