画像提供:マイナビニュース
マイナビニュース

損害保険ジャパン日本興亜は3月6日、SNSでネット炎上してしまった場合のリカバリー費用を補償する「ネット炎上対応費用保険」を企業向けに販売開始した。

この保険では、被保険者が行う業務に関し、保険期間中にSNS等でネガティブな情報が拡散し、または拡散するおそれが発生した(ネット炎上した)場合に、被保険者が費用を支出することによって被る損害を補償する。この場合のネット炎上は、被保険者が発見または認識し、同社が指定する基準を満たした第三者機関に通知した結果、緊急通知基準に合致したものを指す。

同社ではネット炎上のリスクの脅威として、従業員の不適切行為・情報漏えい・ネット内部告発、商品の不具合・不衛生、営業マン・店員・コンタクトセンターによる不適切行為、過去の記事や広告における問題などがあると指摘。

補償されるのは、拡散防止費用、コンサルティング費用、原因調査費用、臨時費用、分析費用、メディア対応費用。標準的な契約例は1事故/保険期間中限度額で1,000万円、年間保険料はおよそ50万円~100万円。企業規模や業種は問わないという。

全文を表示