東京都中央卸売市場の豊洲市場=東京都江東区で2017年2月6日、本社ヘリから
毎日新聞

 東京都の豊洲市場(江東区)で実施された地下水の再調査で29カ所の調査地点のうち25カ所で国の環境基準値を上回る有害物質が検出されたことが分かった。最大で基準値の100倍のベンゼンが検出された地点もあり、「再調査結果を見て総合的に判断する」としてきた小池百合子知事は厳しい判断を迫られることになった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示