森友学園の小学校用地=大阪府豊中市で2017年3月14日、本社ヘリから森園道子撮影
毎日新聞

 大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地を国から取得した国有地を巡る問題で、学園側が国の想定する分量のごみを撤去していないことが、複数の工事関係者への取材で分かった。国は指定した区域では地中3.8メートルまで大量のごみがあると判断し、その撤去費を約8億円と算定して土地価格から値引きして売却した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示