生活意欲の衰えなどから身の回りのことができなくなるセルフネグレクトや、それらに起因する「ごみ屋敷」「ごみ部屋」の問題が顕在化する中、高齢者らを対象にした自治体のごみ出し支援制度の利用者が増え続けている。担当者は「このままだとごみがいっぱいの家であふれかえるのではないか」と懸念する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示