【ソウル時事】北朝鮮外務省報道官は20日、ティラーソン米国務長官が北朝鮮の行動次第では、軍事的対応も辞さないなどと警告したことについて、「われわれを威嚇、圧迫しようとしている」と非難した。また「われわれは米国が望む、いかなる戦争にも対応する意思も能力も備えている」と主張した。朝鮮中央通信が20日深夜、伝えた。

 報道官は「高出力(ロケット)エンジンの地上燃焼実験で収めた大きな勝利がどれほど重大な意味を持つかを、世界は近く目にすることになる」と述べ、長距離弾道ミサイルの発射を改めて示唆した。 

全文を表示