「ケルベコス」
ねとらぼ

 奇譚クラブから、人気作家による民藝(みんげい)品をモチーフとした作品をカプセルトイ化した「ネオ民藝 マスコット」が発売されます。

【画像】リーゼントの「ぐれダルマ」など

 作者自身が1月にTwitterに投稿して「かわいい」「欲しい」と話題になった、冥界の番犬“ケルベロス”と化した赤べこ「ケルベコス(作:妄想工作所)」をはじめ、いずれも個性的な作品がそろっています。置いてあったら思わず2度見しそうなクオリティー……!

 ラインアップは、リーゼントヘアーでお腹に“悪”の文字が入った不良化したダルマ「ぐれダルマ(作:現代美術二等兵)」に、普通のこけしに鉄アレイが足された「こけしアレー(作:現代美術二等兵)」、こちらをにらむような1つ目が強烈な招き猫の「フォーチュンキャット(作:リアルヘッド)」、幸福を招くとされる“福助人形”が白骨化した「骨助(作:骸骨商會)」。そして唯一のキタンクラブオリジナル作品の「UMAの折り紙」の全6種。

 最大50ミリという大きさも相まって、なんともいえない不思議な魅力を感じます。価格は1回300円で、3月31日に販売開始です。

(C) 現代美術二等兵

(C) 妄想工作所

(C) REAL × HEAD

(C) 骸骨商會

(C) KITAN CLUB

全文を表示