それは木曜日の早朝3時半だった。夫婦と子供2人の一家4人がぐっすりと寝ていた時、飼い猫が突然その夫婦の女性の手を噛んだのだ。彼女を起こすために噛み付いたそのにゃんこ…なんとその時、家は火事になっていたのだ。海外メディアboredpandaが報じた。

【関連】「ねこ」フォトギャラリー

 同メディアによるとその火災が発生したのはカナダ、アルバータ州の街グランド・プレーリーだ。「そうした事態の中で、猫が家族に注意喚起をするとはとても興味深い」と語るのはグランド・プレーリー消防署長のトレバー・グラントだ。「家族は猫のことで、とても喜んでいる。猫は十分に時間があるうちに彼らを起こしていました。もし彼らが起こされなかったら、結果は間違いなく異なったものになっていたでしょう」と続けた。

 幸いけが人はおらず、同消防員により火は消し止められた。さらには家族が飼っていたもう一匹の子猫も無事救出されたという。現在その家族と猫は別の住宅に滞在している。

にゃんこが深夜の火事から家族を救出!「ニャゲて~」と飼い主を噛んで起こす※「boredpanda」のスクリーンショット