「RensenWare」のロック画面(画像:BleepingComputer.comより)
ねとらぼ

 さまざまなタイプのマルウェア(悪意のあるソフトやコード)が日々発見されていますが、新たに「『東方Project』の弾幕シューティングゲームの最高難易度で2億点以上とること」を要求するマルウェアが発見されました。

【マルウェアの内容】

 コンピュータ情報サイトBleepingComputer.comの報告によると、「RensenWare」と呼ばれるその新しいマルウェアは、ファイルなどを人質にとるランサムウェアの一種。感染すると特定の画像やテキスト、音楽などのファイルを暗号化され、上海アリス幻樂団の第12弾ゲーム「東方星蓮船 〜 Undefined Fantastic Object.」のプレイを促すロック画面が現れます。

 そこには、最高難易度の“Lunatic”で得点を2億点以上とれば暗号化が解除されるといった旨が書かれ、ステータスとして現在の得点状況も表示。このマルウェアは実際に同ゲームを検出し、得点が上回った場合には解除キーによって解読プロセスが開始するとのことです。

 このマルウェアが発見された後に、開発者は「自身も感染した」といった内容をツイート。そこからジョークとして作られた可能性が疑われていましたが、その後開発者がBleepingComputerに連絡し謝罪。仲間内でのジョークソフトだったことを明かしました。

 また同時に誤って感染してしまった人のために、GitHubで暗号化を解除するためのツールも公開しています。

全文を表示