苦戦するブックオフ
ITmedia ビジネスオンライン

 ブックオフコーポレーションは4月10日、松下展千社長が代表権のない取締役に退き、後任に堀内康隆取締役執行役員が昇格したと発表した。「経営体制変更により、業績の早期回復および企業価値の向上を図るため」と説明している。

【拡大画像や他の画像】

 同社は2017年3月期の連結営業損益が4億円の赤字になる見通しで、営業赤字は2期連続。「BOOKOFF」などリユース店舗事業で、主力商材である本・ソフト・アパレルの販売が伸び悩んでいる。

 昇格した堀内氏は40歳。コンサルティング会社を経て2006年に入社し、経営企画部長、ブックオフオンライン社長、ブクログ社長などを歴任した。

全文を表示