【書評】『昭和解体 国鉄分割・ 民営化30年目の真実』/ 牧久・著/講談社/本体2500円+税

【著者プロフィール】牧久(まき・ひさし)/1941年大分県生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学第一政治経済学部卒業後、日本経済新聞社入社。同社代表取締役副社長、テレビ大阪会長等を歴任。他の著書に『満蒙開拓、夢はるかなり』(ウェッジ)など。

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

 明治以降、日本の近代化を土台から支え、戦後の再スタート時には60万人の職員を擁した国鉄。本書は、「ミニ国家」とも喩えられたその巨大な公共事業体が、30年前についに分割・民営化されるまでの最後の20年間を再検証したノンフィクションである。

 後にJR各社の社長・会長を歴任する国鉄内改革派のリーダー「三人組」(井出正敬、葛西敬之、松田昌士)、政権の目玉政策にして改革を推し進めた中曽根康弘、猛反対した国労の「ドン」富塚三夫ら多くの関係者をあらためて取材し、未発表資料も入手し、書き下ろした。

 何といっても、国鉄が抱えていた荒廃の凄まじさ、病巣の根深さに嘆息する。当局が合理化や生産性向上を図ると、組合が猛烈に抵抗する。現場で組合員が管理職を突き上げ、罵倒するのは日常茶飯事で、組合員のヤミ給与、カラ出張、ヤミ休暇、ブラ勤(出勤しても仕事をしないこと)が横行し、スト権を求めるスト権ストなどに対して当局から下される処分も骨抜きにし、現場の人事権も実質的に組合が握っていた。

 対立は当局対組合にとどまらず、国労と動労、鉄労など他の組合との抗争も激しく、当局内にも「国体護持派」と呼ばれる改革反対勢力が存在し、組合と馴れ合っていた。そうした勢力の背後には既得権を守りたい運輸省、自民党運輸族、社会党がついていた。過激派の対立が労組の抗争に持ち込まれ、死者の出る内ゲバも起こった。

 それだけに、改革派に対する反対派からの抵抗、攻撃は激烈を極めた。個人的なスキャンダルを探られ、社内であからさまに無視され、あるいは監視され、リーダーの自宅に脅迫電話、嫌がらせの無言電話が頻繁にかかり、自宅周辺にマッチの燃えかすやパチンコ玉が大量にばらまかれ、組合の街宣車が大音量でがなり立てながら周回した。

 もっとも、改革派も馴れ合う労使の不祥事をかき集めてマスコミにリークし、国労に対して冷酷なほど厳しい態度で臨み、分割・民営化に賛成していた運輸大臣橋本龍太郎ですら「君たちは怖いことをする」「国労が可哀想になる」と漏らしたという。そんな実態が詳細に描かれている。

 著者も書くように、分割・民営化の表向きの目的は25兆円以上という巨額債務と万単位の余剰人員を整理して経営改善を図ることだったが、同時にその裏で、自民党政権が、国労とそれが中核をなす総評、さらには総評に支えられた社会党の弱体化を狙ったものだった。そして、実際にそのような結果をもたらした。

 その意味で、単にひとつの公共事業体の解体ではなく、時代の大きな転換をもたらす〈戦後最大級の政治経済事件〉であり、昭和の最後に起こったことを考えると、まさに〈「昭和」の解体〉を象徴する事件だった。

 本書が描くのは50年前から30年前の出来事だが、眼前で展開する臨場感溢れる同時進行ドキュメントのように感じる。前記の人物たちに加え、改革に協力した土光敏夫、瀬島龍三らの経済人、加藤寛らの学者、世論を動かした毎日新聞の内藤国夫、時事通信の屋山太郎ら大物新聞記者、事なかれ主義の国鉄総裁など多くの人物が登場し、〈策謀と裏切り、変節、保身、怨念など、さまざまな人間の情念〉が渦巻く群像劇にもなっている。

 著者の時代の目撃者としての目、書き手としての構想力、筆力は素晴らしく、スケールの大きな傑作ドキュメントとなっている。

※SAPIO2017年5月号

全文を表示