「AnimeEffects」を使用しているところ
ねとらぼ

 簡単にキーフレームアニメーションを作れるフリーウェア、「AnimeEffects」が「無料で公開していいクオリティーじゃない」と話題になっています。ニコニコ動画に使い方の紹介動画が公開されているのですが、非常に大きな可能性を感じさせてくれます。

【動画】実際に「AnimeEffects」で絵を動かしてみた

 同ソフトは、1枚の絵をアニメーションさせるためのソフト。pngやjpgなどの画像ファイルも使えますが、psd(Photoshop用の画像ファイル)を読み込ませるとレイヤーなども読み込んでくれるため、より多彩な動きを実現できます。

 動画では、走るポーズをとったサーバルちゃん(テレビアニメ「けものフレンズ」の主人公の1人)のpsdファイルから走るアニメーションを作製しています。手足を別パーツとして動かすことで、自然な走る動きが作成できるもよう。

 どのパーツを上に表示するかを決める「深度」や、ポリゴンを動かす時に使われる「ボーン」「メッシュ」「自由変形」といった機能によりさまざまな動きが実現できます。一部では、「2D版のMMD(MikuMikuDance)」といった評価も。

 ちなみにpngやjpgでも、すこしウニョウニョさせる程度なら簡単に作れます。呼吸している立ち絵のアニメーション程度なら、慣れれば10分ぐらいで作れそう。

 同ソフトを作製したのは、秀福さん。Twitterでは「まだまだ機能追加していこうと思いますのでご期待ください」というツイートもしており、今後にも期待できそうです。

全文を表示