2メートルを超える巨剣「ドラゴン殺し」を持つ北の鍛冶屋(弟)さん
ねとらぼ

 漫画「ベルセルク」の主人公・ガッツが振るう巨剣「ドラゴン殺し」を、原寸大サイズで再現した猛者が現れました。これでリアルガッツになれるかも……?

【画像:「ドラゴン殺し」の制作風景】

 「ドラゴン殺し」を再現したのは、北の鍛冶屋(弟)(@kita_kaziya)さん。試作費用は10万円以上、製作期間は2週間超えという本気の逸品です。

 以前からドラゴン殺しを作ってみたかったといい、偶然、設備が整った会社から制作許可が降りたため再現にトライしてみたのだといいます。

 素材は鉄をベースに制作しており「剣の先端と根本の分とで厚みを変えるところが難しかった」とのことですが、中空構造になっているため、2メートルを超える巨剣の重量を25キロ程度に抑えることに成功しました。

 なお、北の鍛冶屋(弟)さんが警察に問い合わせたところ、特に銃刀法には違反しないとのことで、「欲しい」「売れるかもよ」との声もあがっています。販売についても現在検討中で、人件費や製作期間を考慮して価格は25万円程度になるのではとのことでした。

 ガッツのように原寸大「ドラゴン殺し」をぶん回せば、日々のストレスも吹っ飛びそうですね。

画像提供:北の鍛冶屋(弟)(@kita_kaziya)さん

全文を表示