映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ティザービジュアル (C)Universal Pictures
オリコン

 米俳優のトム・クルーズが主演する映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(7月28日公開)のティザービジュアル、最新予告編が20日、解禁された。

【動画】今度のトムは一般人 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』予告編

 『魔人ドラキュラ』(1931年)、『フランケンシュタイン』(31年)など、今日まで世界中の人々を魅了し続けてきたユニバーサル・スタジオのモンスターたち。同作は、そのなかでもミイラというキャラクターの原型である作品『ミイラ再生』(32年)のリブート版となる。

 始まりは、古代エジプト。誰よりも気高く美しい王女アマネットは、次期女王として選ばれていた。しかしその約束は裏切られ、激しい怒りと力への欲望をため込んだ彼女は闇に堕ち、生きながらにして棺に封印され、歴史と共に地下深くに埋められた。それから、2000年の時を経て、中東砂漠で調査中に彼女の棺が発掘される。そして、憎悪を募らせた王女が再びこの世に目覚め、全ての人間たちへ想像を絶する復讐を始める。

 解禁された予告編は、中東の砂漠でアラブ風の民族衣装に身を包み、「アドベンチャー魂はどこいった?」と、地図を手に双眼鏡をのぞきこむクルーズの姿から始まり、爆撃で崩落した街の地面から現れる古代遺跡と棺、古代エジプト時代の王女と前にそびえるピラミッド、次々に襲ってくるミイラなど、古代エジプトと現代ロンドンを舞台に繰り広げられる壮大なアドベンチャーの様子が映し出されている。

 今回クルーズが演じる主人公ニックは、古代エジプトの文字が刻まれた石棺の発掘に立ち会った米軍関係者。最強の暗殺能力もスパイ技術も持ち合わせていない“一般人”で、爆撃から逃げまどい、飛行機の墜落に絶叫するなど、いつもとは違った一面を見せているかと思いきや、世界を救うために強大な敵に立ち向かう姿は同作でも健在。中東での銃撃戦、実際に無重力で行われた飛行機シーンの撮影など、場所と手段を選ばないアクションスタントのほとんどを自身でこなした。

 王女アマネット役を演じるのは、『キングスマン』(14年)で美しき義足の殺し屋ガゼルを演じたソフィア・ブテラ。物語の鍵を握るジキル博士役にはラッセル・クロウ、ニックとともに行動する考古学者にアナベル・ウォーリス。監督は、『トランスフォーマー』、『ミッション:インポッシブル』シリーズを手がけてきた監督兼プロデューサーのアレックス・カーツマン氏が務める。

全文を表示