タイトルだけが楽しみだったのに‥‥。

 元タレントで艶系女優に転向したANRIこと、坂口里の新作DVDタイトルガッカリが聞こえている。

 坂口といえば、デビュー作で「芸人ANRI What a day!!」、2作「芸人ANRI By KING」と、元カレのバイきんぐ英二を利用したタイトルで話題に。3作となる前作では事務所の元先輩であり、現在の仲となった重盛さと美が出演する人気番組のタイトル真似た「めちゃくちゃイッてるッ!」というものにするなど、いずれも坂口と関わりがある人物に関連させていた。

 そして、4作となる新作のタイトルが先日発表されたが、ネット上でさまざまな予想が繰り広げられていたことをあざ笑うかのように、あまりに拍子抜けするものだった。

「新作のタイトルは『本物芸人と筆下ろししませんか?』といういたってノーマルなもの。人気女優であれば作品名はどうでもいいわけですが、彼女の場合は作品を視聴しない人の間でもタイトル名がネタとなり、ネット民がリリースのたびに盛り上がっていた。それだけに“シンプル”なものとなってしまったことに、待ち構えていた人たちはすっかり肩透かしとなりました。単純なネタ切れかもしれませんが、彼女が艶系女優として認知されたという好意的な解釈もできますね」(エンタメライター

 ちなみに3作タイトルが小関係なものになってしまったことで、バイきんぐ西村瑞樹は「々がタイトルにならなくなって、なぜか寂しいですね」と残念そうにっていた。意外にも需要のあった坂口DVDタイトルだけに、もう一度そっちの路線に軌修正することもメーカーには検討してほしいところだ。

田中康)

関連記事:「なんて日だ!」も言えないの?坂口里のブチギレは“芸”がなさすぎた!? http://www.asagei.com/excerpt/76560

アサ芸プラス