男が屋根裏に寝泊まりしていた臼杵公園の公衆トイレ=大分県臼杵市提供
毎日新聞

 大分県臼杵市内の公園の公衆トイレの屋根裏に侵入したとして警察に建造物侵入容疑で逮捕された無職の山野内孝志容疑者(54)が、「約3年前から住んでいた」「前の人もいたので(入った)」と供述していることが分かった。「約10年前に岐阜県から出てきた」といい、住まいを点々とした後に住みついたとみられる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示