国連安保理は20日、北朝鮮が16日に実施したミサイル発射を非難し、核実験をしないよう求める報道声明を発表。声明はロシアの要求を受け入れ、米国作成の当初案にはなかった「対話による解決への努力を歓迎する」との一文が追加された。また、安保理に挑発的な反抗を続けていることに「最大限の懸念」を表明した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

全文を表示