皆さんも日常のふとした時「そういえばあれってどうなったんだっけ?」と、昔の出来事について思い出すことはないだろうか? Twitterのハッシュタグ「#そういえばあれどうなったの選手権」に、Twitterユーザーたちのモヤモヤが大集結している。

「#そういえばあれどうなったの選手権」に投稿されたつぶやきの多くは、制作発表があったのに未だ完成していない、その後音さたの無いアニメの二期や三期・及び新作。

一度は制作が決まったものの白紙となった『ガンダムSEED劇場版』や、1976年から連載され未だ完結していない『ガラスの仮面』等のタイトルが目立った。

時事ネタでは「マレーシアで行方不明になった飛行機」「てるみくらぶ未帰還者」と数々の“そういえばあれどうなったの”が投稿されたが、筆者個人的には「ピアノマン」の名前をあげておこう。

#そう言えばあれどうなったの選手権

そういえばタニタさん、あれどうなった?

※経緯→https://t.co/sjWfa9OT5m pic.twitter.com/BgikDxmjz0

— セガ公式アカウント (@SEGA_OFFICIAL) 2017年4月20日


セガ公式アカウント
#そう言えばあれどうなったの選手権
そういえばタニタさん、あれどうなった?
※経緯→http://togetter.com/li/1049794

https://twitter.com/SEGA_OFFICIAL/status/854924667689156608

さらに、このハッシュタグには企業公式Twitterも参戦し、セガ公式アカウントは、タニタが制作する予定の「セガ体重計」についてふれ、多くのユーザーが「いつ完成するんですか!」「早くセガハードコラボ体重計に買い替えたいです!」とコメントを寄せていた。

最後に、上記にあげた例以外で、筆者の目に多く飛び込んできたのが「親に渡したお年玉」という文字。どこの家庭も一緒なのだな、としみじみしたのであった。

※画像はTwitterより引用。