インテリジェンスが運営するアルバイト情報サービス「an」が開催する、“まかない飯”だけを集めた野外グルメイベント「anまかないフェス2017」。4月27日(木)、出店する全店舗が発表された。5月12日()から14日(日)開催の大阪会場、5月19日()から21日(日)の名古屋会場に続き、第3弾開催となる東京会場。その注メニューを一部紹介!

【写真を見る】第3弾・東京開催のまかない飯!

■ オー・ギャマン・ド・トキオ「ソース焼きそば ミートカレー

2年連続で出店となる、シェフ木下威征氏が率いるフレンチ・ビストロ人気店。今回はソース焼きそばに、オリジナルのミートカレーをかけたまかない飯を披露。まずは焼きそばだけを味わって、その後にカレーを絡めて。一皿で2度美味しい焼きそばだ。

■ 希須「魯飯」

食べ応えのあるバラとしっとり柔らかなモモの2種の豚肉を使った「魯飯」。醤油ニンニク、五香粉などでじっくりと煮込み、味に深みが出るよう、砂糖の代わりにザラメを使っているのもこだわり。ごはんが進む濃厚な甘辛味だ。

■ とらふぐ亭「スパイス香る極上ふぐ唐揚げ

フグ料理専門店が提供する秘伝のタレを絡めた唐揚げは、外はカリッと、中はふんわりやわらか。黒胡椒黒ゴマの「」と一味唐辛子パプリカの「」の2種類が用意されている。ワンコインで味わえる高級フグの“ご褒美まかない”だ。

■ 格之進「格之進メンチのレタスバーガー」

厳選した上質な毛和と、岩手県が誇る幻のブランド白金」を使ったメンチカツを、レタスで包んだメニュー。“糖質オフ”と願う女性スタッフから生まれた、体にも心にも嬉しい至極のバーガーだ。

立川マシマシマシライス

まかないから生まれた名物メニューマシライス」に、今回はさらに味玉をトッピング。甘辛く煮た挽肉に、プルプルの食感を残した背脂を合わせたルーは、パンチが効いた味付け。ガッツリ系好きにはたまらない挽肉ごはんだ。

紹介したほかにも、の一枚快に揚げた、気むずかしの「信州名物 山賊焼き」や、3種の快にトッピングした、らーめん 五ノ店「五ノ店の汁和え麺」、大阪と2会場の出店となるSABARの「サバンドイッチ」など、東京の出店店舗は15店舗。各店舗の個性あふれる“まかない飯”をぜひ食べべて楽しんでみて。【ウォーカープラス編集部/国分

オー・ギャマン・ド・トキオ「ソース焼きそば ミートカレー」